サガリバナの花言葉は?

沖縄を代表する花と言えば、ハイビスカスですよね??ハイビスカスを見ない日はないくらいそこらじゅうに生えてます。沖縄では故人のお墓を飾る時ななどにもハイビスカスを用いることもあるそうですし、枝はとても丈夫なので、家のお庭やパイン畑や水田の周りに防風林としても昔から使われています。

ハイビスカスの花は全く香りがしない事から、東南アジアのとある国では花のくせに香りがないので、「能無し」とまで言われているそうです。ケンカ別れした異性にハイビスカスをおくりつけたりすると事があるとかないとか、、、

ハイビスカスの花言葉は「新しい恋」だとそうです。失恋をしたその後にもらうものならその花言葉もあながちあってるのかも知れないですね。(笑)

西表島を代表する花と言えばやはりサガリバナですが、サガリバナの花言葉は知ってますか??なんと「幸福が訪れる」だそうですよ。ん〜誰がつけたんでしょうか???いやしかし繊細で華やかな花弁と一日で儚く咲いて落ちて川に無数に漂う姿はやはり西表島で一番幻想的な空間かもしれません。それを見る事が出来れば、、、その花言葉もぴったりなのかも知れません。当店でもやってるサガリバナツアーは早朝4時に出発します。咲いている花と朝方には落ちていく花を見るためです。幸福を見せにいくツアーと思えば少しの早起きも苦ではない気がしますね。

ちなみに花言葉と言うのは、基本は日本花普及センターという団体が決める事が多いみたいですよ。花を愛する人は皆、ロマンチストが多いようです。僕がサガリバナの花言葉をつけるとするならば、、、「寝不足」ですね。もう10年見続けていますが、幸せはまだ来ないです。(笑)

ちなみにサガリバナの分布は奄美より南西諸島です。6月.7月に沖縄方面に来られた方は是非花をみて、幸福を掴んで帰ってくださいね。

早朝サガリバナツアー