石垣島と西表島のサガリバナの違い

八重山諸島ではとても有名なサガリバナ6月、7月の満開の時期に足を運んだ人は一度は耳にした事があると思います。

一夜で咲いて落ちてしまうという儚さもあり、一目サガリバナを見てみたいと八重山ではとても人気な花の一つです。

石垣島出身のアーティスト夏川りみさん自身の歌で「深い闇に夜明けがくるから 涙は空に流そう瞬く間にはかなく舞落ち 水面にそっと漂うサガリバナ」と、サガリバナの咲いて落ちていく様を心情と重ねて歌っています。

さて日本では奄美より南西諸島に分布するサガリバナ。多く分布が確認されている八重山諸島では、主に石垣島と西表島でサガリバナの木がたくさん確認できます。西表島ではこの時期になるとたくさんのサガリバナツアーが催行されています。

石垣島ではナイトツアーで夜咲いてる花を見にいくのが主流になっていますが、ツアーに申し込まなくても個人でも見に行く事もできます。

こちらはたふく農園。植林したサガリバナを無料開放して見頃の時期になるとライトアップもしてくれています。

離島ターミナルより車で15分ほど。バンナ公園近くです。

http://tafukunoen.com/sp/access.html

サガリバナが咲く時期はパインの最盛期と言う事もあり、お昼に訪問すれば、たふく農園のパインも購入できますよ。

農園の中は、池があり

睡蓮の花が咲いてます。

そしてサガリバナの木にはご丁寧に看板をつけてくれてます。

こちらは早朝に落ちたサガリバナ。

そしてピーク時はかなりの数のサガリバナが垂れ下がってます。

石垣島では他に北部の平久保地区にも個人の畑を解放して、サガリバナを観賞できる場所もありますよ。

さてこちらは西表島

石垣島では基本歩いて花を観にいくのが、主流ですが、西表島は多くの川があり、早朝その川に落ちて漂うサガリバナをカヤックや船で観るものが、主流になっています。歩いて観るナイトツアーなども開催している会社もありますが、

せっかく西表島にきたのなら、花が落ちてマングローブの川を漂う景色を見てほしいですね。

とある日のサガリバナツアーの様子

↓↓↓↓↓↓↓↓

興味のある方は是非!!!

 

西表島での全ての遊びはこちら↓

西表島ティダカンカン

西表島をもっと知りたい人へ!!

西表島のおすすめツアーまとめ

西表島のおすすめの滝まとめ

西表島のおすすめ飲食店まとめ