西表島のツアーで有名な滝をまとめてみました

島の90パーセントが亜熱帯の原生林で覆われた西表島。日本一のマングローブ林とそこに広がる川には100個以上もの滝があると言われています。

そして西表島ではそんな滝を巡るツアーがいくつも開催されているので、自分の体力や希望にあったコースを選ぶのがなかなか難しかったりします。

今回は西表島ではよく名前があげられる滝をいくつかまとめてみましたので、ツアー選びの参考にしてみてください。

ピナイサーラの滝

落差55メートル、沖縄県一の落差を誇る滝です。

一日ツアーでは絶景の滝上にも上がるので、人並みの体力は必要です。

体力に自身のない方は滝壺だけの半日ツアーもありますよ。

小さいお子さんは滝壺なら3.4歳くらいならガイドさんとお父さんのサポートで登れるはずです。

西表島で一番人気の滝はハイシーズンの7月~10月は観光のお客さんで混雑します。

詳しくはこちら↓

ピナイサーラの滝をもっと詳しくみる

マリュドゥの滝

日本の滝100選にも選ばれている落差16メートルある大滝。

遊覧船30分と40分のトレッキングで見れる大滝なんですが、展望台からしか滝を望めないので、大滝の迫力を近くで感じれないのが残念なところ、、半日でガイドさんなしでも見にいける滝なので、気軽に観光気分もいいかもしれません。歩けない小さなお子さんや、ご年配の方はマングローブ遊覧船だけでも楽しめますよ。

詳しくはこちら↓

マリュウドゥの滝をもっと詳しくみる

ナーラの滝

カヤックで2時間と言う秘境の場所にあるため昔は幻の滝とも呼ばれていました。落差15メートルの大きな滝の滝壺では飛び込んだり泳いだり、滝に打たれたりとおもっきり遊べる場所ですよ。

カヤックを長時間漕ぎたい人にはオススメの滝ですよ。

詳しくはこちら↓

ナーラの滝をもっと詳しくみる

マヤグスクの滝

西表島で最も秘境と呼ばれている落差15メートル、横幅25メートルの階段状に流れ落ちる大滝です。島の真ん中に位置し、滝を目指すツアーの中では一番過酷ですが、その感動も一塩。マヤグスクとは山猫の城という意味で、その由来に相応しい素晴らしい滝です。

詳しくはこちら↓

マヤグスクの滝をもっと詳しくみる

ユツンの滝

トレッキングのみで見れる落差30メートル3段の滝です。標高250メートルからの滝上の絶景は、西表島の滝のコースの中では一番高い眺望。トレッキングコースも地形がバライティーにとんでいて山登りの好きな人にはオススメです。

詳しくはこちら↓

ユツンの滝をもっと詳しくみる

水落の滝

落差8メートルから落ちる滝がそのままマングローブの川に注がれる西表島では珍しい滝です。カヤックか遊覧船でみにいくことができますが、夏の時期ならばカヤックに乗ったまま滝に突撃もできますよ。

詳しくはこちら↓

水落の滝をもっと詳しくみる

アダナデの滝

滝の落差は6メートルと小さな滝ですが、シーカヤックやマングローブカヤック、キャニオニングにトレッキングとバラエティに溢れる西表島を遊びまくれるのが最大の魅力。小さなお子さんから大人までおもいっきり遊べる滝です。

詳しくはこちら↓

アダナデの滝をもっと詳しくみる

サンガラの滝

落差5メートル、水量が多いと横幅は30メートルにもなる滝です。西表島の滝では珍しく滝の裏側に入ることができます。のんびり一日を過ごしたい方や小さなお子さんのいる家族などにも人気の滝です。

詳しくはこちら↓

サンガラの滝をもっと詳しくみる

ゲータの滝

半日の沢登りで落差8メートルの滝に出会えます。その上にもいくつもいろんな形の滝があり、滝上からの景色も絶景ですよ。手軽に西表島を感じるには申し分のない場所です。

詳しくはこちら↓

ゲータの滝をもっと詳しくみる

オオミジャの滝

西表島でキャニオニングと言えばこの滝。落差3メートルの滝の周りには飛び込んだり泳いだり滑ったりと半日で水遊びできるスポットがたくさん。

詳しくはこちら↓

オオミジャの滝をもっと詳しくみる

クーラの滝

落差4メートルの小滝です。歩いて15分で着くので西表島を少しかじりたい方や体力に全然自信のない方などにはオススメの場所です。カヌーでもいけますよ。

詳しくはこちら↓

クーラの滝をもっと詳しくみる

少し長くなりましたが、お気に入りの滝はありましたか??少しでも参考にして自分の体力や希望ににあった滝を見に行ってみてください。

西表島アクティビティツアーのご予約はこちらから!!