ガイド歴10年以上のツアーガイドが語る「西表島一周シーカヤック冒険記」その3

4月2日
南東3〜6m
長潮
最干潮9時

AM6:00

冷たい風がテントの隙間から入ってきた。予報通り北東の風が南東に変わった。

西表島一周にはツナ缶さえあれば生きていける

薄暗い中朝食の準備。

朝はツナとハムトースト。結局ツナ缶があれば生きていける

薄暗く淡い空に飛行機雲が流れていく。

そしてゆっくり朝がやってくる。そんな素敵なモーニングタイム。西表島の至福のひと時。

軽くストレッチして、テントなどをカヤックに詰め込んでいざ出発。

AM7:30

大浜を出発。

潮がひいていて、浅瀬のリーフ内は漕ぎにくそうだったので白波の切れ間をみつけて外にでる。体感では4mほどの向い風なのに
やっぱり早朝のカヤックは気持ちがいい。

ぐいぐいぐいぐいと太陽の方角にカヤックを進める。

しかし30分ほど漕いだ辺りで早朝からびっくりする出来事が…

海のギャング?ついに遭遇してしまった…

気分よくリーフの外を漕いでいると目の前に尖った岩が2つ。

僕の目の高さくらいの岩と言うよりかは太い剣山のような岩が目の前に現れた。ここはおそらく10mほどの水深。

こんな所にあんな細い岩あるか?

と、ぶつからないようにゆっくりカヤックを近づけていくと突然その岩がすーっと動きだした。

そしてゆっくり沈んだかと思うと浮上してきて僕のカヤックの後ろの辺りにゆっくり移動してきた。

「えっ!?」

と共に一瞬でその岩の正体が何なのかわかった!

「サメだ!」
「しかも、絶対でかい!」
「しかも2匹?!」

もうまじびっくりして一目散にリーフスレスレの所まで猛烈パドリング!

しかしよく考えたら別にカヤックが襲われる訳でもないし、写真でも撮ったらよかったのになぜかあの時は怖くて無我夢中でおもいっきり逃げてしまった。

しかも後から詳しい人に聞いたところ、「おそらくそれはマンタだよ。」との事。

翼のような大きな胸ビレの先っちょが水面からでている事があるらしく、そのヒレをサメと見間違える事があるらしい。って…

マンタなの?!マジかー!ビビって損した!写真とりゃよかったー!

と、朝からこの旅で1番の恐怖と後悔を味わった。しかしあの時見た見慣れないそのヒレ。質感。今思い出してもなんかぞっとする。サメと思い込んでしまってた僕はこの後チキンになって沖には出ずにリーフ内をずっと漕ぐ事になったのでした(笑)

いや〜本当に腰抜け。

楽しみにしていた豆腐岩が見れて一安心

AM8:30

少しすると南海岸で楽しみにしてた豆腐岩が見えてきた。

西表島には侵食された大きな岩がたくさん転がっていて、見ているだけで、面白い。

波がなかったらもう少し近づこうとも思ったけど次は南風見田の浜から歩いてこようと思う。

南風見田の浜。人の歩く姿に少し心和む。

さらに1時間ほど漕いだ辺りからリーフが異様に広くなってきた。

左を見ると長〜い浜がずっと先まで続いていて浜には犬を散歩する人が見えて小さな東屋のようなものもみえてきた。

南風見田の浜だ。

とうとう人がいる所までやってきた。もうここからゴール地点までは何かあってもどうにでもなる。そんな安堵感と、どこか少し物足りない気持ちがここからはあった。

AM9:30

島の南西の岬を周ると近くの山には電波塔や電線、赤瓦の屋根まで見える。そしてその先には大原港の入り口が見えてきた。

大原港は西表島で一番大きい港

この大原港は西表島で1番船の往来が多い港で、ここを横切るタイミングが旅の前から少し気掛かりだった。

事前に用意しておいた全ての会社の運航時刻表を確認しながら、横断するタイミングを計りパドリング。そしてちょうど船がきてなかったので、一気に港を通過する。

少しすると高速船が港からスピードをあげて駆け抜けてく。

あんなのが間近くを通ったら一瞬で転覆するんだろな〜…

大原港を抜けると遠くには仲間川が見える。

港の航路を抜けた辺りから少しずつ海は浅くなってきていて、深くパドルを入れると底にあたってしまうくらいの水深にいた。

何メートルか先を見るとあら不思議。バラス島のような島が見えてきた。

近づいてみると、それは珊瑚の島ではなく砂の島だった。

バラス島に慣れてしまってる僕にはあまり新鮮味はなかったけど、なかなかのロケーションだと思う。

3時間ほど、漕ぎっぱなしだったので、少し休憩。朝作ったおにぎりと3日目の朝にと用意していたツナ缶に手をつけた。

おそらく残り40キロもない。きっと今日で漕ぎきれる。

右後ろから微風の南東の追い風。そしてここからはずっと浅瀬のリーフの上。その先も浅いリーフの色が永遠続いてる。

少し物足りなさを感じながらのんびりのんびりパドリング。

東側には新城島、黒島、小浜島、竹富島と石垣島も見えた

東側をみると、新城島、黒島、小浜島、遠くにはうっすら竹富島と石垣島までみえて想像と野望が膨らんだ。

もっとカヤックで海を知りたい。

西表島の観光名所「由布島の水牛車」が見える

PM13:00
西表島の1番の観光名所。
由布島の水牛車が見えてきた。

西表島一周シーカヤック冒険記最終話はこちらから